高畑翔太の強姦致傷の犯行内容が明るみに・・・被害者女性は2度も犯されていた

・高畑容疑者の犯行内容

現在、世間を騒がせている俳優、高畑裕太容疑者の犯行内容がとうとう明るみに出てきました。

「計画的は企てていない」と言っていた容疑者ですが、その証言すらも疑われる行動をしていました。

 

裕太容疑者は群馬県前橋市のホテルで、

セルフサービスとなっている歯ブラシを自信が宿泊している部屋から被害者となった女性へ電話し

持ってくるように要求。

数日前から泊まっていたので、被害者女性とは面識があった。

 

そして、被害者女性が裕太容疑者の部屋へ歯ブラシを持っていくと

裕太容疑者は女性従業員の手を引っ張り部屋へ連れ込んだ。

被害者は抵抗したものの、無理矢理に腕を掴み、ベッドへ押し倒した。

 

その際、女性従業員は抵抗しましたが裕太容疑者は力ずくで腕をおさえ、

女性の腕を用意していたタオルで縛ったという。

身動きが取れなくなった女性へ、さらに別のタオルを口に押し込み声が出ないようにし

女性の衣服を脱がせた

 

この時、女性は終始泣き続けたという。

女性が嫌がっていたことは明らかだが、腕を縛り口を塞いだまま

裕太容疑者は犯行を犯した。

 

しかも、強姦行為は1度ではなく、行為は2度に及んだ。

犯行後は、その女性の拘束を解いたが謝罪することなく

そのままベッドで爆睡している。

 

その後、被害者の女性は知人の男性に相談し、知人の男性が警察へ通報。

すぐに警察が犯行現場である容疑者の宿泊先のホテルの部屋へ乗り込んだところ、

裕太容疑者は寝ていたという。

 

・刑期が伸びるであろう要因

部屋に用意されているはずの歯ブラシを従業員に要求し、持ってこさせたこと。

「計画を企てていない」と言っているが、不必要な予備の歯ブラシを要求している。

 

もう一つは、強姦罪ではなく強姦致傷罪になった要因である、

被害者女性が抵抗していたにも関わらず、拘束し右腕の打撲と、親指の骨折。

2度にも及ぶ行為をしたという点。

 

最後に、犯行後に悪いことをしたと自覚していれば、

そのまま寝ることなど出来ないにも関わらず、警察が踏み込むまで寝ていたという点。

警察に捕まったから「悪いことをした」と認識しているだけで、

その犯行の最中は悪いことをしているという自覚はなく、自分の欲求だけを考えていた可能性がある。

 

このような強姦罪を犯している犯人は余罪が多数あがることが多く、

裕太容疑者も被害者女性が名乗り出ることが条件ですが余罪が出てくる可能性は高いです。

 

短大時代の同級生が

「短大時代に学校のトイレで、相手をとっかえひっかえ10人以上は性行為をしていた」

と証言するなど、歪んだ性癖を持っていたことも分かっている。

詳しくは⇒高畑裕太の同級生が証言。「10回はトイレに連れ込み性行為をしていた」

 

今後、裁判での高畑容疑者の行方が気になりますが、

とんでもない過ちを犯してしまいましたね。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



1