大口病院殺人事件、点滴に混入された異物は病院で使われている消毒液だと新たに判明

 

横浜市神奈川区の大口病院で、入院していた患者の八巻信雄さん(88)が急死した事件で、点滴に洗剤の主成分である界面活性剤が混入されていたことが判明しましたが、新たに成分分析をした結果、消毒液の成分だということが分かりました。

 

・点滴に混入していたのは消毒液

大口病院消毒液

事件当時から点滴に混入されていた異物の成分は界面活性剤という報道がされてきましたが、詳しく成分分析をすると逆性石鹸と呼ばれる強力な消毒液の成分だということが分かりました。

 

この逆性石鹸は病院などで使われる消毒液のことで、一般的に出回っている石鹸よりも強力な殺菌作用があることが認められています。

一般的な石鹸は水に溶かすと陰イオンになるのに対して逆性石鹸は陽イオンになることからこのような名称になっているとされています。

 

警察はこの消毒液の製品特定と混入経路を現在も調査しているとのことです。

 

・犯人は外部の可能性も

以前、大口病院に母親が入院していたと話す男性が取材に答えました。

一般的に点滴の袋は普段なら外部の人どころか、一部の院内関係者しか入れない部屋に保管されているのが普通です。

しかし、大口病院では入院患者の病室に点滴の袋が大量に入った段ボールを持ち込みテーブルに並べたりしていたとのことです。

 

ここまで杜撰(ずさん)な管理体制であれば、並べた時点で放置して看護師がどこかへ行った場合に外部の人間が混入させることも可能ではあります。

点滴袋

点滴の袋の下部には薬品を投与する逆止弁付きの穴があり、一度針を刺し異物を混入させた程度では漏れないようになっています。

少々の知識があれば素人でも犯行を実行出来るということです。

 

未だに犯人が見つかっていないこの事件、果たしてどのような結末が待っているのでしょうか。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



大口