秋鮭を生で食べると高確率で寄生虫のアニサキスに感染することが判明!予防法はこちら(画像)

 

鮭がおいしい季節になりました。塩焼きはご飯のおかずに、ホイル焼きは酒の肴にちょうど良いですね。

そんな中、鮭を生で食べる人に警告が発せられました。天然ものは刺身で食べたいという人も多いのではないでしょうか?

 

・天然鮭には寄生虫

秋鮭

天然ものの鮭にはかなりの確率で寄生虫が宿っています。寄生虫と言ったら数ミリ程度の小さなものを想像する人が多いかと思いますが、鮭に寄生しているアニサキスという寄生虫は体長2~3センチもあり、余裕で肉眼で確認できる虫なのです。

・アニサキス

アニサキス

鮭の切り身に付着しているアニサキスです。

白くて細長い寄生虫で、スーパーに売っている鮭パックをよく見ると付いていたりします。

 

秋鮭でなくても、サバやイカなどにも寄生されていることがあり、サバで食中毒を起こすことがたまにありますが多くはアニサキスによる食中毒症状です。

 

アニサキスは人体に入ると胃や腸の壁を食い破ろうとするため激痛が走り、病院では切開で取り除いて処置をします。

ちなみに大型魚の体内(魚の種類で寄生部位が違うが)を確認すると、多くて300匹程度のアニサキスが寄生していたりするそうです。

考えただけで気分が悪くなりますね…。

 

アニサキスに感染した場合の症状としては、強烈な痛みと嘔吐です。胃壁や腸壁を食い破られる時に症状として現れるので、生魚を食べたという心当たりがあるならほとんどビンゴと言って良いでしょう。

 

では、寿司など生魚は食べられないのか?と思うかもしれませんが、実は流通しているほとんどの魚は一旦冷凍されています。

回転寿司などは間違いなく冷凍魚を解凍して出しているので問題ないです。

 

アニサキスは‐20℃以下で1日以上置くと死滅します。逆に、70℃以上のお湯に浸しても同様です。

なので、何かしら調理を加えればすぐに殺すことが出来ます。

 

しかし、食べられてナンボの寄生虫なので『酸』にはめっぽう強いです。酢に浸しても丸一日生きているという事例もあるほどで、その点においては注意したほうが良いでしょう。

 

事実、日本では厚生労働省が生魚は‐20℃以下で24時間以上冷凍するという指導をしているので、素人が釣りに行ってその場でさばいて生で食べるようなことが無い限り大丈夫でしょう。

 

と言っても、スーパーに並んでいる魚を調理しても『アニサキスの死骸』を食べていることにはなるんですけどね。

そこはあまり考えないほうがいいかもしれません。

・パックに生きたアニサキス

アニサキス3

何と、スーパーに売られている魚のパックに生きたアニサキスがいるという報告がありました。

普通ならありえないのですが…。

これを見ると魚パックを買う時に注意したほうが良いかもしれませんね。

これでも火を通せば問題無いですが、家庭の冷蔵庫は‐20℃まで下がらないので凍らせても死滅させることが出来ません。

そこだけ注意しておいてくださいね。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



秋鮭