『電通過労事件』なぜ人は過労死で死ぬのか??そこには2通りの原因があった!

昨年4月に電通に入社した東大卒の東大卒の高橋まつりさん(24)が長時間の残業でうつ病を発症し自殺した事件。残業時間が100時間以上にもなっていたことが分かっていますが、なぜ人は過労死で亡くなってしまうのか??そこには大きく2つに分けられることが分かりました。

1

1・精神疾患による自死

2

これは言葉の通り、長時間労働により精神のバランスが崩れてしまうというものです。今回自殺した高橋まつりさんも数々の報道やLINEやTwitterの内容からも自殺した理由は長時間労働で精神バランスが崩れてしまいうつ病を発症し自殺に至ったと思われます。

この事件で、おそらく人によっては「100時間くらいだったらバレてないだけでどこの会社でもやってるだろ」「自分もそれくらいの残業やってる」なんて思っている人も多いでしょう。

ここで大事なことは「労働時間が長い」ほど精神疾患になる可能性が高いというわけではないということです。例えば、人は自分で持てる荷物の量にも限界があります。しかし持てる量も人によってその量は異なってきます。何が言いたいかというと、人によって何事も個人差があるように精神も人によって個人差があるということです。短気な人もいればそうじゃない人もいるように。

2・心臓・血管の病気による死亡

これは、長時間労働により睡眠時間が減ってしまい日々の疲れが少しずつ蓄積され病気になってしまうというものです。それによって結果血圧が上がってしまうのです。血圧が高いとどうなるか簡単に説明すると、血液が体中に高い圧で流れてしまうと血管が少しずつ痛んできてしまう。これを一度は聞いたことがあるかと思いますが「動脈硬化」と言います。

血管が痛んでくるともちろん血管が破裂する可能性が高いくなるのは分かると思いますが、その破裂が脳だと「脳出血」となります。

そして悪玉コレステロール。これが体内の血管に付き徐々に大きくなり、ふとした時に剝がれ落ち血管内に流れてます。その剥がれ落ちた悪玉コレステロールが血管の細い部分に到達したときに詰まってしまう。その詰まった場所が心臓なら「心筋梗塞」。脳なら「脳梗塞」となります。

 

高橋まつりさんは1の精神疾患ですが、労働時間に不安がありそれを長い間ため込んでしまうと、それと同時に危険が迫っているという事なのです。

これを知ってすぐどうこうできる問題ではないと思いますが、あまり無理のないようにしないと最悪こうなってしまうということで頭に入れておいても損はないと思います。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



3