宇都宮爆発事件、栗原容疑者が使用した爆弾の種類が判明!元自衛官の知識を集結した殺人兵器だった

 

23日午前11時半ごろ、宇都宮市の城址公園で大規模な爆発がありました。警察の調べによると約30分の間に3か所で爆発があり、3人が負傷、1人が死亡しました。犯人は爆破を行い死亡した元自衛官の栗原容疑者で、家庭の問題を抱えており自殺する際に自爆したとのことです。

 

・強力な爆弾を使用

栗原

栗原容疑者は2度目の爆発が起こった公園のベンチに座っており、爆発と共に腰から真っ二つに切断され脚などもバラバラになっていたそうです。

人を粉々にするほどの威力を持った爆弾を入手するのは困難とされており、種類の特定が行われていました。

 

その後、警察の捜査で栗原容疑者が爆発したベンチから数十メートル離れた場所に金属片やビー玉が発見されたとのことで、爆弾は自作であることが判明しました。金属片やビー玉は殺傷能力を高める目的があったとされています。

 

しかし、近くのパーキングに駐車されていた栗原容疑者の車や自宅に使用されていた爆弾が同一のものかは分かっていません。

特に自宅の損壊は激しく、屋根が垂直に吹き飛んでいるとのことなのでさらに威力の高い爆弾が使用された可能性があるとのことです。

 

・爆弾を腰に巻き付け小学生と会話

爆発事件が発生する前に不審人物の目撃情報があり、城址公園から500メートルのところにある小学校で小学生が腰に爆弾のようなものを巻き付けた老人から「これ爆発させてあげようか?」と話しかけられていたという事案があったそうです。

その数分後に爆発があったことから栗原容疑者であるとされています。

 

栗原容疑者は元から付近の住民を巻き込んで自殺する計画を立てていたとされており、イベントが行われていた城址公園を狙っていたようです。

日本社会に大きな不満を持っていた栗原容疑者。メディアでは「もはや自爆テロ」とまで報道されています。事件の全貌が解明されつつある現在、どのような結末になるのでしょうか。

関連記事[clink url=http://gatyapin.info/2016/10/24/%E7%B6%9A%E5%A0%B1%EF%BC%81%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E7%88%86%E7%99%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%80%80%E6%A0%97%E5%8E%9F%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%AE%85%E7%84%BC%E3%81%91%E8%B7%A1/]

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



宇都宮爆発