宇都宮で爆発事件を起こした栗原敏勝容疑者は離婚し財産を全て失っていた

23日に栃木県宇都宮で自作した爆弾で爆発事件を起こし、自殺を行った栗原敏勝容疑者。

犯行の理由になった元妻との離婚で財産を全て失い生きていくことが出来なくなっていた。

 

爆発事件の理由は離婚

栗原敏勝容疑者は自衛官として働いていたが退職後に娘が精神病を患ったことで妻との関係が悪化。

DVを行ったとして元妻と民事訴訟を行い敗訴しています。

その後に離婚し、財産と家を失ったようです。

栗原容疑者はYOUTUBEでお墓参りに行った動画を撮影し、「悪い行いを償うためにお墓参りに来ました」と言っていました。

DVを行って反省しているように見えますが、YOUTUBEで動画を公開していることから、心理面では「反省している姿を見て。こんなに頑張っているのに何故分かってくれないの?」という感情をネットを通じて元妻に知らせたい思いがあったと思われます。

2

栗原敏勝容疑者のYOUTUBEチャンネル

栗原容疑者は、死ぬことを前提としていたのか、

「人生歩歴を記録公開しています。
この地球上に存在していた証を残します。
人生色々であります。
生れた時からその人の人生は決まっているのです。」

という内容のYOUTUBEチャンネルに300本以上の動画を投稿していました。

自分が生きていたという証を残したかったのではないかとみられます。

栗原容疑者のYOUTUBEチャンネル

結果、そんなに頑張っているにも関わらず何も変わらなかったので爆発事件を起こし、元妻に対して「お前が許さなかったから、俺は死ぬ。死んだ姿を見て悲しめ」というメッセージがあると思われます。

裁判で敗訴し、財産を失ったというのは反省している姿を見ると哀れな感じもしますが、他社を巻き込み事件を起こしたことは許されることではありません。

とても幼稚な考えをしているとしか思えませんね。

 

栗原容疑者の元妻のコメント

精神病を患っている娘は、この事件の事実さえも知らされてい可能性もありますが、元妻には警察からの事情聴取なども行われていると思われます。

このような大きな事件を起こしているのですから、少なからず元妻へ連絡を取っていたのではないかと推測されます。

元妻としてはDVをされた上に、他人に迷惑をかけた栗原容疑者へ対する思いは複雑でしょう。

裁判を起こし離婚しているとはいえ、長年連れ添った夫婦ですから更なる気持ち的な追い打ちになったでしょう。

 

爆発し死亡した遺体からは遺書

ビー玉や金属片を仕込んであった自作の爆弾で自殺した容疑者からの遺体には遺書があり、「命をかけて償う」という文の内容があったそうです。

結果的に多くの方に迷惑をかけて死んだ容疑者の遺書は理解しがたい結果になってしまいました。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



1