「この木なんの木」の「日立の樹」の年間維持費がこちら

誰もが一度はCMで見たことあるだろう「この木なんの木」で有名な通称「日立の樹」にかかる年間の維持費が公開され、その額の大きさに衝撃を受ける人が多くいたようです。
なぜ巨額の維持費をはたいてまで維持するのでしょうか。その秘密に迫ります。

日立の樹の維持費

日立の樹
通称「日立の樹」と呼ばれている木はハワイ・オワフ島の「モアナルア・ガーデンパーク」にあるモンキーポッドという大樹です。
現在、日立の関係者はこの土地の所有者と契約を交わし、年単位で管理しているそうです。

その維持費は驚きの年間5000万円だそうです。
日立は現在でもこの額を支払い続けており、「日本中の人が『この木なんの木』を『日立の樹』として知るようになった。そういう長いスパンで見通しを持ってやっています」と語っています。

日立の樹

日立の樹(ひたちのき)は、日立製作所を初めとする日立グループを代表するコマーシャルソング(CMソング)および、同曲を使用したテレビCMに登場する大樹の通称である。

歌い出しに由来する『この木なんの木』の別名でも知られる。現在のヴァージョンは9代目(楽曲のアレンジとしては3代目)。

1973年以来、「日立の樹」を使用した日立グループのテレビCMが放送されている。日立グループ提供番組限定で放送されており、「日立グループの総合力と成長性、事業の幅広さ、力強さ」をイメージさせる大樹の映像をバックに、日立グループ各社の企業名一覧を表示させるものとなっている

日立グループでは、CMに登場する大樹のことも『日立の樹』と称している。長期に渡って使用されているモンキーポッドがよく知られており(1973年の最初のCMでは映像にアニメーションが採用され、また別の木をあしらったCMも存在する)。

最も有名な『日立の樹』は、ハワイ・オアフ島にあるモンキーポッドの大樹であり、1975年 – 1979年の2代目CMで用いられた後、下記のマンゴーの木等に変更されたが、その後も視聴者の要望で1984年以降は一貫してこのモンキーポッドが使用されている

2006年現在、ジョン・フィリップ・ダモンの個人所有地だが、無料開放され、CMの撮影場所やハワイの観光名所としてツアー客等が訪れる。2007年にも身売りないし州政府に移管される計画があったが、いまや日立のイメージブランドにもなっていることから、日立が公園を管理する地元企業と年間約40万ドル(約4800万円)で営業目的での独占的撮影権を締結した
https://ja.wikipedia.org

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww