神宮外苑火事、白熱電球使用認めるも責任を全て大学側押し付け

明治神宮外苑で開催されたイベントでジャングルジム型の作品が発火し、中にいた佐伯健仁ちゃん(5)が焼死体となって発見された事件で7日、作品を作った学生が在籍する日本工業大学が記者会見を開きました。

神宮外苑火災事件

神宮外苑 火災
会見が始まると、成田健一学長が「亡くなった佐伯健仁君に哀悼の意を表し、二人の怪我をされた方にも深くお詫びを申し上げます。大変申し訳ございませんでした。」と謝罪を述べました。

学長の説明によると、作品に使用する予定だった照明はLEDだけのはずだったが、大会当時には白熱電球を使用していたとのことです。
元々は照明として使用する予定は無く、夜間の作品設置ように大学の備品から持ってきたものだと言います。

さらに学長は白熱電球を点灯した経緯について学生から明確な説明は無いとした上で「学生なりに作品を良く見せるためにしたものと思っている」と発言し、学生らが独断で白熱電球を作品内で点灯したという考えを示しました。

責任は全て大学側にあると説明

学長は今回作品を作った学生たちを擁護する考えを述べており、「大学の責任のもとに出展した事実は間違いがなく、責任は全て大学側にあると思っている。今後の事実関係を確認しながら大学として対応していく」とあくまで大学に責任があることを主張しました。

確かに監督責任として大学側に少なからず責任があるとしても、生徒側に全くの落ち度が無かったとは言い切れません。
今回、出火の原因としても「LED電球」を使用していたと言いながらも「白熱電球」を(生徒が)無断で使用していたわけですし、大学がそこまでの管理を行えるかというのは疑問点になります。

消防署へ虚偽の申請

火災の危険性があることから、あらかじめ消防署へどのような対策を行うか書類を提出していたそうです。
その書類には「LED電球を使用する」と書かれていたとのことで、さらに警察の事情聴取に対しても「LED電球しか使用していない」と虚偽の証言をしています。
この警察への証言については現場で撮影していた人がいたため証拠となり嘘が発覚しました。
どんなに大学側に責任があるからと言っても、この証拠は大きいため少なからず学生側にも責任が生じるでしょう。
今後の動向に注目されます。

関連記事
[clink url=”http://gatyapin.info/2016/11/06/%e6%98%8e%e6%b2%bb%e7%a5%9e%e5%ae%ae%e6%a8%aa%e3%81%ae%e9%87%8e%e7%90%83%e5%a0%b4%e3%81%a7%e7%81%ab%e7%81%bd%e3%80%81%ef%bc%95%e6%ad%b3%e3%81%ae%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%81%8c%e6%ad%bb%e4%ba%a1/”]

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



神宮外苑 火災