地裁が泣いた2006年2月1日「介護殺人事件

覚えている人も多いと思います。2006年京都府でに起きた介護殺人事件。

この事件が起きたのは2006年2月1日。

この一家は両親と息子1人の3人家族でした。

1995年に、父親が病気で亡くなり2人暮らしとなり、父親の死後、母親が認知症を発症。

症状は徐々に悪化し警察に保護されることも度々。

仕事場にも休職をお願いし介護にあたりました。しかし収入がなくなり生活保護の申請をしたのですが「休職」が理由で認められず・・・

母親の症状もさらに悪化し、長男は仕事も退職することに。

いよいよ収入が厳しくなった長男は再び生活保護に相談するも今度は「失業保険」が理由で認められず・・・

・ついに収入はゼロ

全く収入がなくなった長男は母親との心中を考えるように。

そして2006年の冬。母親と最後の食事をパンとジュースで済ませ、母親が乗る車いすを押し思い出の場所を見せ、その後に死に場所を探しました。

悲しすぎる母親との最後の会話

長男「もう生きられへんのやで。ここで終わりや」

母親「そうか、あかんのか。一緒やで。お前と一緒や」

長男の目には涙が・・・

母親「こっちに来い。お前はわしの子や。わしがやったる」

その言葉で心を決めた長男は母親の首を絞めるなどし殺害。

その後長男は包丁で自分を切り付け首吊り自殺を行いましたがロープがほどけ意識を失いました。

 

倒れていた長男を通行人が発見し長男は一命をとりとめました。

 

その後、有名となる「地裁が泣いた悲しい事件」

同年7月に京都地裁は長男に長男に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑は懲役3年)を言い渡しました。

裁判では検察官が長男は献身的な介護を続け金銭的に追い詰められていったと過程を述べる。

そして長男の口からは「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という言葉に裁判官や警察官の目には涙が。

その言葉の後裁判官は「裁かれているのは被告だけではない。介護制度や生活保護のあり方も問われている。お母さんのためにも、幸せに生きていくように努力してください」と。

 

10年後、長男の悲しすぎる結末

事件から10年後の2015年に記者が介護殺人シリーズの一環として長男の取材を試み長男の居場所を探ることに。

当時の事件を担当していた弁護士も居場所を知らず、親族に尋ねると長男はすでに亡くなっていたんです。

死因は自殺でした。

 

今現在でも介護の限界を感じ自殺する人は後を絶ちません。

このような問題はいつなくなるのか・・・

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



京都府