奈良県警に勾留中の男性、取り調べ中に暴行を受け腎不全を発症し死亡

6年前に奈良県内の「山本病院」で手術を行い医療ミスで患者を死なせたとして奈良県警に勾留されていた男性医師が死亡しました。
その原因として、取り調べ中に奈良県警警察が医師に暴行し内出血を起こし腎不全で死亡したとのことです。

暴行を受けた男性医師の写真を公開

奈良県警 暴行
この事件が発覚した経緯は、男性の遺族が改めて死因特定を行ってほしいと大学教授に依頼し、その結果「取り調べ中に暴行を受けたため」との発表があったからでした。

そして、容疑者を特定せずに「特別公務員暴行陵虐致死」の疑いで警察に対して告訴状を提出しています。

逮捕当時は、死因は急性心筋梗塞とされていましたが、不審に思った遺族が岩手医療大学の教授に死因特定を依頼しました。
この依頼を受けて調査した結果、すぐに暴行された形跡があると判断されたそうです。

詳細は遺体の鑑定書を調べた結果、逮捕当時にはなかったとされる皮下出血が下半身を中心に広範囲に見られたとのことで、外部からの暴行は不可能。つまり、警察官が取り調べ中に自白を強要し暴行したため死亡したと関連付けたようです。

内出血の程度はかなり重症で、それが原因で腎不全などの多臓器不全を起こしたと判断しています。

この騒動で記者会見を開いた大学教授は「取り調べの透明化に逆行する暴行の実態を明らかにしたい」と発言しており、死亡した医師の遺族は「本当の事実が知りたい」と話していました。

しかし、奈良県警はこの事実を否定する発言をしており「皮下出血は床に座った時の衝撃で出来たもので、暴行があったとは考えていない。告訴状を受理するかどうかは検討する」とのコメントを発表しています。

逮捕当時に無かった写真のような大きな内出血が床に座った程度の衝撃で出来るでしょうか?
転んだとしてもあり得ないような範囲の内出血なので、警察がコメントしているような内容は明らかにおかしいと思います。

事件が起こってから既に6年が経過しているため、遺族のためにも一刻も早く事件解決に導いてほしいですね。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww