植松聖容疑者が起こした大量殺人事件から4ヵ月

2016年7月26日に相模原障害者施設でこの施設の元職員の植松聖容疑者(26)が刃物をもって施設の入所者を次々に襲い、19人が死亡し26人が重軽傷を負いました。

この事件から約4ヵ月が経ち、この施設の入所者の家族会「みどり会」会長の大月和真さん(67)がその後の様子や再発防止について訴えました。

その言葉にどこか胸を打たれたのです。

事件後の施設の様子

大月さんの息子長男の寛也さん(35)は重度の知的障害がありこの施設にお世話になっていました。

事件当時もこの施設にいたようなのですが、運よく襲われて棟とは別の棟にいたみたいで無傷で済んでいました。

しかしいくら障害者といえ、今回のような大きな事件があったことやたくさんの仲間の命を奪われたことで大きな傷を負っていると感じているという。

 

事件直後は一時帰宅していたのですが、その後施設に戻る際に妻の手も握りしめてなかなか入ろうとしなかったのです。

大槻さんはこの行動を見て「いつもと違う雰囲気を敏感に感じ取っていたのでしょう」と話しました。

 

事件後の対策と大槻さんの言葉に胸を打たれる

大月さんは施設の職員はみんな熱心でかなりの好感を持っていただけに、この事件は本当に信じられなかったみたいで、植松聖容疑者が供述した言葉には衝撃ばかりだったのです。

「どうして、そのような間違った考えを持つようになったのか。近くに寄り添ってくれる人がいたら、違ったかもしれない」と話しました。

 

そして対策としては「職員が相談しやすい第三者の存在が必要」と強く強調。

仕事のことで悩んでいる人や不満を持っている人がいなくなるように専門の相談員がカウンセリングを行い、今の職場に合っていないと判断させたら別の職場をあっせんするというような対策を考えているようなのです。

そして最後に大月さんは「容疑者本人に、自らの口で、自らの発言を否定してもらいたい。そうしなければ、犠牲になった方々が浮かばれない」と話しました。

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



会長