熊本地震が発生して以来、連日メディアを通して被災地域の状況が報道されています。

 

しかし、一方で被災住民から各マスコミにクレームがいくつか出ているそうです。

 

ここでお伝えするのは、(報道ヘリ)の問題です!

 

 

 

(報道ヘリの問題点)

報道ヘリの問題点

崩壊した家屋に取り残されている被災者のSOSがかき消される

 

ヘリが出す騒音によって、今なお救助を要する被災者の助けを呼ぶ声が

聞こえにくくなっているそうです。また、ヘリの騒音が

被災者の不安を増幅させている一面もある、と言われています。

各マスコミも対策として、騒音性の低いヘリの導入や望遠性能の高いカメラを使用して

対応しているみたいですが、今なお被災住民からは不満の声が出ているそうです。

 

期待されるドローン!

報道用ドローン

こんな状況の中、期待されているのがドローン(小型無人飛行機)である!

小型で機動性の良いドローンが今回の被災地でも一部メディアで使用されており、

カメラが立ち入れられない現場の風景が伝えられたそうです。

しかし、ドローンについては、2015年に改正航空法が施行されており、

飛行禁止区域や決められた方法以外での飛行を行う場合には

国土交通省や空港事務所に申請して、許可・認可を得る必要があります。

 

しかし、普及が始まったばかりのドローンを今後どのように活用していくか、

また、問題が発生した場合にどのように早期改善をしていくかを十分検討していく必要である。

 

 

 

 

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww