2001年、ヤミール・ジャクソンさんは我が子の誕生を待ちわびていました。
しかし、6か月を過ぎたあたりから彼女は妊娠高血圧腎症と呼ばれる深刻な症状を抱えることになります。
これは妊娠期に発症するのもで、血圧が非常に高くなってしまう症状です。

母子の健康状態を憂慮した医師たちは、この段階で出産することを決断します。
このため予定日から12週も早い段階で赤ん坊のザガリーちゃんが誕生。
体重わずか1キロほどの未熟児として生まれたザガリーちゃんは、出産から155日もの間、集中治療室で過ごさなくてはなりませんでした。

ヤミールさんは毎日ザカリーちゃんに寄り添いたいのですが、病院では夜間の面会が認められていません。
そのため、子供と別れるたびに心引き裂かれる思いをしたそうです。

なによりも冷たくて無機質な集中治療室に小さな我が子を残していくのが辛かったといいます。
彼女の望みは朝も夜も赤ちゃんを自分の腕に抱くことでした。小さなザカリーちゃんはいつも愛情に包まれる状態を望んでいるはず。
そこでヤミールさんは、離れていても息子と「一緒」にいることはできないか考え始めます。

そしてある夜、彼女は皿洗いをしていて、近くにあったゴム手袋を目にします。
その瞬間ヤミールさんはあるアイデアを思いつき、それを試してみることにしました。

ヤミールさんが取った行動が驚きの結果を生みます。

↓↓次のページに続く↓↓


★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww