青森県にある弘前大の准教授がセクハラ行為を行ったとして、

 

停職6か月の懲戒処分を受けていたことが判明しました!

 

その男性准教授(50)は海外出張先のホテルで、女子学生と

 

同じ部屋に宿泊する行為を計13回行っていたそうです。

 

大学の調べに対して、准教授から驚きの理由が返ってきたそうですwww

 

 

「宿泊代を安くしたかった」

平成26年3月に同準教授は海外主張先で13回も女子大生と同じ部屋に

宿泊しています。準教授は容疑を認めており、「宿泊代を安くしたかった」

話しているそうです。実はこの準教授は過去にセクハラの疑いがかけられており、

10数年前から女性に対するセクハラで学部長かた何回も注意を受けていた

要注意人物だったそうです。同年の2月には、学生が「準教授はゼミの特定の

女子学生を優遇している」と学校側に報告したことに腹をたてて、ゼミを

開かない暴挙に及んでいたらしい。

 

準教授に大きな問題があるにも関わらずそれを放置した大学側にも大きな責任がある。

大学側は早期の信頼回復に努めるとコメントしている。

 

★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww



1