物語

「男友達と集まって宿題やるから」

 

という口実でやりもしない宿題を手に家を出て、

 

亜希の家に向かった。

 

で、その夜。

 

理美はすでに到着していて、

 

亜希と一緒になって飲 ...

物語

夏休みに入り留佳をうちまで呼んだ。

とりあえずツタヤに行きDVDを借りて見た。

それを見終わったのでそろそろかと思い部屋まで連れて行き留佳を押し倒した。

向こうもわかってたのでキスをすると舌を絡めて ...

物語

空気は一触即発。

 

『まぁーまぁー』
といつものように割って入り、

 

気が付けば全員普通に酔い始めてた。

 

終電間際になり、

 

帰ろうか〜なんて言い出したけど、

 

結 ...

物語

 

「ちょっと、失礼」

 

そう声をかけ、長谷川がバックに、手を伸ばそうとした時

 

「あっ」

 

ミナが、小さな声を上げてこちらを見た。

 

その目には、うっすらと涙が浮かんでいる ...

物語

嫁の焦った姿と俺を遠ざけようとしたことに、

 

悪い予感が頭を襲う。

 

よくありがちな、主婦の万引きとかね。

 

刑事のSは、冷静で

 

「旦那さん。少しだけ外してもらえますか?

 

物語

「言いたいことはわかるけど、

 

仲いい人同士で固まるのに問題ある?」

 

とイケメン側の1人、

 

武田くん(仮)山下さんは

 

「アッアノジャァ・・rjgph;な;あsgj」

 

...

物語

 

幸い英語はなんとか通じる程度だがヒアリングはちょいダメ、

 

何言ってるのか何回も聞き直す様な有様。

 

MEXICO!と書いたダンボールでトラックが止まる。

 

18輪トレーラーの素晴ら ...

物語

Fさんは慌ててよけたが後ろに乗っていたガキの膝が接触してこけてしまった。

 

原チャはそのまま信号無視で逃げてしまった、

 

漏れはナンバーを読もうとしたがそもそもナンバープレート自体が無かった。

 

ハ ...

物語

 

珍しくかなりの量を呑み、

 

酔っていた。

 

そして、俺に家に来てみたいと言った。

 

その日、彼女は見たいTV番組が有るが、

 

今から家に帰ったのでは 間に合わないから、

物語

不意を突かれた会話に少し戸惑いながら

「僕も母親が持たせたものだから・・・」

そういって「これからも宜しくお願いします」で締めくくった。

女性と話すことは出来るが、好みのタイプと話すのは少し緊張する ...