TAG 富樫義博先生 病気 療養